ホーム > 労働法とは( 11 件 )

労働法とは?労働基準法(労基法)とは何がどう違うか?

「労働法って何???」
「労働基準法(労基法)なら聞いたことあるけど、何それ???」

このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

今はこうやってブログを書いている私も、以前はそうでした。
(^^;)

実は、労働法とは・・・


続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : ブラック企業
ジャンル : 就職・お仕事

労働基準法(労基法)とは?:簡単に・やさしく・わかりやすく超基本編

労働基準法(ろうどうきじゅんほう)は、略して労基法(ろうきほう)とも言います。

労働基準法(労基法)について、よくわからない、難しいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
労働基準法(労基法)について、もっと簡単に、やさしく、わかりやすく知りたいと思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時に、会社等に雇われて働いている私たちが最低限の知識として知っておきたいことがあります。

それも、たったの2つだけです。
たったの2つですが、この2つを知っているのと知らないのとでは大違いです。
o(^-^)o

1つ目は、

労働基準法(労基法)とは、労働条件の最低基準を定めた法律

ということです。

そして2つ目は、

労働基準法(労基法)とは、雇われて働く人を守るための法律

ということです。

つまり、労働基準法(労基法)というのは・・・

続きを読む

テーマ : ブラック企業
ジャンル : 就職・お仕事

労働条件とは?労働基準法上の「労働条件の最低基準」の意味とは?

労働基準法(労基法)について、会社等に雇われて働いている私たちが最低限知っておきたいこととして、

労働基準法(労基法)とは、労働条件の最低基準を定めた法律

であり、

労働基準法(労基法)とは、雇われて働く人を守るための法律

であると、

労働基準法(労基法)とは?:簡単に・やさしく・わかりやすく超基本編

にてご紹介しておりました。

上記の内、1つ目の「労働条件の最低基準を定めた法律」という点について、

「そもそも労働条件って何?給料のこと?」
「労働基準法(労基法)で、給料の最低基準が定められているの?最低基準法で定められているんじゃないの?」

等の疑問を感じた方もいらっしゃると思いますので、「そもそも労働条件とは何か?」についてご紹介致します。
(^^)

労働条件と聞くと、つい給料だけと思ってしまいがちなのですが、労働基準法(労基法)上、

労働条件というのは
給料だけを指しているのではありません。


労働基準法(労基法)上の労働条件とは・・・

続きを読む

テーマ : 労働基準法と職場環境
ジャンル : 就職・お仕事

労働基準法を理由に労働条件を引き下げる事は合法?違法?

「労働基準法(労基法)ではこう決められているから、労働基準法(労基法)に合わせた方がわかりやすくていいよね」
労働基準法(労基法)に違反していないんだから、労働条件を引き下げても合法だよね。違法ではないよね」

などのように、労働基準法(労基法)を理由にした労働条件の引き下げを会社側が行うことがあります。
例えば、元々1日7時間労働の会社だったのに、労働基準法(労基法)上では1日8時間までと決められているから、1日8時間労働に変えようといった具合に。

一見、労働条件を引き下げられたとしても労働基準法(労基法)に違反しているのではなさそうだし、正論のように聞こえるかもしれませんが、

会社側の話に決して騙されないで下さい。

また、

労働基準法を理由に労働条件を引き下げようと企むこと自体が
労働基準法をよく知らないという証拠


とも言えます。

たとえ会社側が労働基準法(労基法)を知っていたとしても、労働者の側が労働基準法(労基法)をよく知らないと高をくくっていて

労働基準法(労基法)を悪用しようしている

場合も多々あります。

なぜなら、労働基準法(労基法)では、

労働基準法(労基法)を理由とした
労働条件の引き下げは原則として認められていない


からです。
(`_´)ゞ

つまり・・・

続きを読む

テーマ : ブラック企業
ジャンル : 就職・お仕事

労働基準法(労基法)の必要性とは?何の為?誰を守る為の法律?

「労働基準法(労基法)で、労働者を守る理由って何なの!?」
「雇ってもらって給料までもらって至れり尽くせりのくせに、手厚く守られ過ぎでしょ!」
「経営者は守ってもらえていないのに、不公平過ぎるし甘やかされ過ぎでしょ!」

などと、特にブラック企業の中には文句を言う人もいて、

「だから、労働基準法(労基法)なんか必要ないよね!」
「この会社にはこの会社のやり方があるんだから、労働基準法(労基法)なんか守る必要ないよね!」
「嫌なら辞めろ!この会社のやり方に従えないのなら出て行け!」

などと勤務先の会社で言われて、困った経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
(^^;)

実は、上記のような文句を労働基準法(労基法)に対して平気で言うことこそが

労働基準法(労基法)をよく知らない証拠

であり、

労働基準法(労基法)は何の為にあるのか?
誰を守る為に労働基準法(労基法)があるのか?等の

基本中の基本すら知らない証拠


でもあり、だからこそ裏を返せば、

労働基準法(労基法)が必要な理由

とも言えるかもしれませんので、「労働基準法(労基法)は何の為にあるのか?誰を守る為に労働基準法(労基法)があるのか?」なども含めて、労働基準法(労基法)の成り立ちにも関係する点について簡単に触れておきますね。
(^^)

そもそも労働基準法(労基法)は、

雇われる側と雇う側は対等ではないというのが大前提

の法律です。

つまり・・・

続きを読む

テーマ : ブラック企業
ジャンル : 就職・お仕事

最低賃金法とは?最低賃金の本当の意味とは?

最低賃金法とは、労働条件の内の一つである

賃金の最低基準を定めた法律

です。

ここまでなら、何となくご存知の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
但し、会社等に雇われて働いている私たちにとって本当に大事なのは、

最低賃金の本当の意味

です。

これを知っているのと知らないのとでは大違いです。
最低賃金に対する考え方が全く違って来ると言っても過言ではありません。

ですので・・・

続きを読む

テーマ : アルバイト
ジャンル : 就職・お仕事

地域別最低賃金と産業別最低賃金(特定最低賃金・特定産業別最低賃金)の違いとは?

最低賃金と聞くとつい一括りにしてしまいがちですが、最低賃金には実は2種類あります。

それは、

● 地域別最低賃金
● 産業別最低賃金(特定最低賃金・特定産業別最低賃金)

の2種類です。

それぞれの違いや、会社に雇われて働く私たちが知っておきたいことは・・・

続きを読む

テーマ : アルバイト
ジャンル : 就職・お仕事

最低賃金決定の流れとは?ニュース等で知るタイミングは?

最低賃金に関係するニュースがそろそろ増えて来ましたね。

しかしながら、どうしてこのような時期に最低賃金に関係するニュースを目にする機会が増えるのだろうか?と疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、難しい言葉がたくさんあり過ぎて、ニュースを見ていてもよくわからないという方や、

「最低賃金が結局いくらに改定されていつから上がるのかって、どこで知ればいいんだろう?」
「諮問とか答申とかって言葉を見ることはあるけど、どういう意味なのかよくわからないから、ニュースを見てもよくわからないんだけど?」

等の疑問をお持ちの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
(- -;)

そこで今回は、

● 最低賃金は、いつ決定されて適用されるのか
● 最低賃金は、どのような流れで決定されているのか

を中心に、ニュース等で知るタイミングや言葉の意味等も含めて・・・

続きを読む

テーマ : パート
ジャンル : 就職・お仕事

試用期間中や研修期間中は最低賃金より低くてもいいのは本当か?

「試用期間中なんだから、最低賃金よりも低くてもいいし適法なんだよね」
「だから、試用期間中の金額はこれだけってうちの会社では決まっているし、雇用契約書にも就業規則にもそう書いてあるよね」

「研修期間中は研修を受ける期間なのであって、まともに仕事ができないんだから、最低賃金を下回っていてもおかしくないよね」
「最低賃金以上を求めるなら、一人前に仕事ができるようになってからだよね」

会社側からこのように言われた経験のある方や、

試用期間中や研修期間中は、最低賃金より低い賃金でもいいって本当なのかな?
試用期間中や研修期間中の最低賃金未満は適法って本当なのかな?
本当は、最低賃金法違反なんじゃないのかな?

と疑問に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

疑問や不満を感じつつも、試用期間中(研修期間中)だけだから仕方がないと諦めたり、ようやく見つけた仕事なのだからと我慢したりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、最低賃金を下回る求人広告を見かけることもよくあります。
試用期間中(研修期間中)は○円といったように、最低賃金を下回る金額が当然のように記載されています。

会社等に雇われて働く私たち労働者が絶対に覚えておきたいのは、以下2点です。

まず1点目は、

試用期間中や研修期間中だからという理由だけで
最低賃金を下回る賃金でもいいということにはならない


ということ。

そして2点目は、

最低賃金より低い賃金が適法なのか
それとも最低賃金法違反なのかを決めるのは、

社長でもなければ上司でもなく、
雇用契約書でも就業規則でもない


ということです。

もう少し詳しく明記すると・・・

続きを読む

テーマ : 就活
ジャンル : 就職・お仕事

最低賃金の改定実施時期や金額について(2019年度)

「最低賃金額は、いつから変わるの???」
「大阪府の最低賃金は、いくらに上がるの???」

などの検索がここのところ増えて参りましたので、

最低賃金の目安:大阪は964円、全国平均901円に

の続報について、ご紹介します。

尚、

「最低賃金って、何なのかイマイチよく知らないんだけど」
「最低賃金って、アルバイトとかパートの人だけに関係することでしょ?正社員は関係ないでしょ?」

という方は、

地域別最低賃金と産業別最低賃金(特定最低賃金・特定産業別最低賃金)の違いとは?
試用期間中や研修期間中は最低賃金より低くてもいいのは本当か?
最低賃金法とは?最低賃金の本当の意味とは?

を、先にご覧下さいませ。

続きを読む

テーマ : アルバイト
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリ
無料労働相談について
【勤務先が大阪市西区の方】

西区地域労働組合では、
勤務先が大阪市西区にある方を対象に
無料 & 秘密厳守で労働相談をお受けしております。

平日夜間・土曜日・日曜日の労働相談(完全予約制)も可能です。


詳細については、以下をご覧下さいませ。



【勤務先が大阪市西区以外の方】

大変申し訳ございませんが、西区地域労働組合では大阪市西区に勤務先がある方からの労働相談のみ受け付けております

大阪市西区以外に勤務先がある方については、以下をご利用下さいませ。


西区地域労働組合について

西区地域労働組合(略して「西区地域労組(にしくちいきろうそ)」)とは、パート・アルバイト・派遣などの非正規労働者、契約社員や正社員などの雇用形態に関係なく、失業していても、自営業であっても、誰でも一人からでも入れる大阪市西区にある労働組合(ユニオン)です。


西区地域労働組合に関する詳細は、以下をご参照下さいませ。



西区地域労働組合ブログのRSS
QRコード
QR
検索フォーム